和の手作りアイテム

この特集のタイトルページで使った和小物は、自分でも簡単に制作できるものばかり。
箸置き、席札、メニュー表などに和のエッセンスを取り入れて、ゲストをオシャレにもてなそう。

アイテム制作:判治ミホ(プティラブーシュカ)

カラフルな桜がテーブルに咲く 桜のはし置き

桜のはし置き
材料
  • ●5cm角の色紙2色各1枚
  • ●5cm×2.5cmの金紙
  • ●接着剤

5cm角の色紙を2色各1枚用意する。一方の色紙の半分に金紙を貼る。

色紙の中央で2つ折りにして、どちらも桜の形に切り抜く(型紙を作って置くと便利)。桜以外、例えば星や動物などの形でもアレンジOK。

切り抜いた桜型の色紙の折り山に接着剤を塗って、突き合わせるように貼る。組み合わせで、いろいろなカラーバリエーションができる。

大きなリボンでかわいくアレンジ リボンのお品書き

リボンのお品書き
材料
  • ●リボン/和柄の和紙5cm×25cm、5cm×12cm
  • ●ベースにするメニュー表(2つ折りの和紙)
  • ●両面テープ

5cm×25cmの和紙を輪になるようにテープで留め、さらに8の字になるよう貼り合わせ、リボン型にカッ トする。

5cm×25cmの和紙を斜めに半分にカットし、リボンの端になるように三角形に切り込みを入れる。

1、2で用意した素材を、ベースになる和紙にリボンの形になるように貼り付ける。「お品書き」などの紙 を貼る。

タッセルを付けてきらびやかに 扇子の席札

扇子の席札
材料
  • ●和柄の和紙 50cm × 6cm
  • ●白い和紙 半径3cm の半円形
  • (ゲスト名をプリントする)
  • ●タッセル2個
  • ●マスキングテープ
  • ●接着剤

和柄の和紙を幅1cmで蛇腹に折る和紙の柄をゲストに合わせて変えると、いろいろなバリエーションがで きる。

広がらないように折りたたんだ短辺の一方に接着剤を塗って、さらにマスキングテープをぐるっと貼る。

乾いたら半円形になるように広げて、名前を書いた(プリントした)和紙を貼り、タッセル(手芸店などで購入できる)を飾る。

上州和婚の叶え方

和婚のいろは 和婚 Q & A 和装の立ち振る舞い 和の手作りアイテム 家族の祝い事 カップルレポート