3,000円ギフト券プレゼント!

高崎市WHITE IN TAKASAKI(ホワイトイン高崎)

お気に入りに追加

お知らせ

きっと語り継ぎたくなるふたりだけの家庭の味

●12カ月ごはん
各月ごとの旬の食材を使った土鍋ご飯を、婚礼料理の一品に入れる。シェフと一緒に創作すれば、ふたりオリジナルの「家庭の味」が生み出せる。

結婚式から始まるお付き合いで 「生涯式場」の意味を知る

「結婚式が終わりではなくスタート」
農園を営む山口夫妻は、結婚式が終わった後もマルシェや食のイベントなどで有機栽培したお米を同店に収めている。その他、ヨガインストラクターとしてヨガ教室の講師を務める先輩花嫁も。「いつでも戻ってこれる心のふるさと」というコンセプトを大切にしていることが、先輩カップルを通じてもわかるはず。

地域にかかすことのできない 歴史深い「高崎神社」

「親子の絆を深める神前式」
和婚を選ぶカップルで多いのが「神社はなくなることがない」「初詣やお宮参り、七五三などで家族の節目に訪れることができる」こと。地域に根ざし創建770年の歴史を誇る高崎神社は、親子2世代・3世代と家族の縁を紡ぐことができる。まさに生涯そこにあり続ける神社といえる。

ぐんまの恵みが ふたつの家族をひとつにする

ぐんまキュイジーヌ

群馬県産の食材、旬にこだわった新メニュー「ぐんまキュイジーヌ」。彩り豊かな和食のエッセンスと、フレンチの美意識を融合した地域ブランドのキュイジーヌ。コースの一部には、新郎新婦にちなんだ食材などを盛り込み、オリジナルコースを作り出す。ゲストに群馬の味、自然風土を余すことなく体感してもらおう。

ぐんま・すき焼きアクション新しい「すき焼き」が好評

群馬のすき焼きをキュイジーヌ

ホワイトイン高崎の名物料理になっているのが国産牛、豆腐、ネギを「すき焼き」風にいただくオリジナルメニュー。群馬県が行っている「ぐんま・すき焼きアクション」にも参加している。同メニューを試食できるフェアもあるので、参加して、新しいすき焼きを体験してみて。

シェフと創り上げる「おもてなしキュイジーヌ」

地元の食材を取り入れ、盛り付けにもこだわった料理。シェフと一緒にふたりだけの物語を皿の上に表現して、ゲストに届けよう。

シェフが目の前で調理しながらメニューづくり

「シェフズキッチン」
プランナーやシェフと一緒に、ふたりの想い出やエピソードを語りながらメニューづくり。「シェフズキッチン」(右写真)でシェフがふたりのためだけに試食用のメニューを仕上げてくれる。
※「婚礼料理堪能フェア」でも試食できる。